「クリーンエネルギー水電解」及び「純水素型燃料電池」実証試験の成果報告会 並びに やまなし水素・燃料電池シンポジウムの開催について


「クリーンエネルギー水電解」及び「純水素型燃料電池」実証試験の成果報告会 並びに
やまなし水素・燃料電池シンポジウムの開催について

☆平成27年7月22日(水)

○基調講演
・水素社会の幕開け

資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部燃料電池推進室 室長 戸邉千広

○特別学術講演
・再生可能エネルギーの平準化に向けた高効率水素製造の最前線

山梨大学 クリーンエネルギー研究センター長 教授 内田裕之

・燃料電池用Pt触媒の高性能・高耐久化、画期的低減に向けた研究・開発の取り組み」

山梨大学 燃料電池ナノ材料研究センター 教授 内田誠

○成果報告
・クリーンエネルギー水電解実証試験成果報告及び今後の展望

株式会社神鋼環境ソリューション市場開発部 担当部長 三宅明子

・純水素型燃料電池実証試験成果及び今後の展開

パナソニック株式会社先端研究本部環境・エネルギー研究室 水素利用技術研究部水素発電技術研究課 課長 菅原靖

☆7月23日(木)

○特別講演
・水素エネルギー社会の実現に向けたイワタニの取り組み

岩谷産業株式会社 常務執行役員水素エネルギー部長 宮崎淳

・水素社会へ向けた次世代大型燃料電池SOFCの展開

三菱日立パワーシステムズ株式会社 燃料電池事業室長 北川雄一郎

・鉄道総研における燃料電池鉄道車両の開発状況

公益財団法人 鉄道総合技術研究所 車両制御技術研究部 部長 山本貴光

・燃料電池自動車の開発と普及に向けた動向

技術研究組合FC-Cubic 専務理事 大仲英巳

○活動報告
・山梨県における水素・燃料電池への取り組み

山梨県産業労働部 成長産業創造課 副主査 志村篤紀

・山梨県工業技術センターの燃料電池への取り組み

山梨県総合理工学研究機構 研究員 三神武文

○成果報告
・ゆめソーラー館やまなしの水素利用EMSから、電力貯蔵技術研究サイトでの次世代FW、二次電池、水素を用いた短、中、長周期の蓄電実証への展開

山梨県企業局 電気課 研究開発担当 主査 坂本正樹

・エネルギーマネージメントシステム設計・施工

ニチコン草津株式会社 応用機器技術課 主任技師 青木孝典
株式会社アスロック 小林正樹

☆7月23日(木)生涯学習センターセミナールーム

○学習講座
・山梨のハイドロクリーンエネルギー

山梨県企業局 発電総合制御所 所長 浅川晴俊

○特別講演
・水素を貯蔵する金属「水素吸蔵合金」の最先端

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 創エネルギー研究部門 水素材料グループ付 中村優美子

・水素による再生可能エネルギー拡大の可能性

株式会社テクノバ調査研究部主査丸田昭輝

○活動報告
・アルカリ型二次電池を利用した高効率水素製造システム

エクセルギー・パワー・システムズ株式会社 兜森俊樹

○パネルディスカッション
・水素社会への歩み

平成24年1月に運用を開始した米倉山太陽光発電所は、次世代エネルギー啓発施設「ゆめソーラー館やまなし」を併設し、その館内では、
エネルギーの自給自足を目指した水素による電力貯蔵実証試験を含むエネルギーマネージメントを実践しています。
山梨県企業局では、実証試験開始から3年が経過し、優れた成果が蓄積されてきたことから、次のとおり成果報告会を開催することとしました。
また、この報告会に併せ、水素・燃料電池に関わる多様な分野の講演・シンポジウムを開催することで、水素社会実現への気運を醸成することができればと考えています。
水素・燃料電池分野の専門家の講義を受講することができる貴重な機会と考えますので、イベント案内及び当日の取材についてご検討をお願いいたします。

1 場所・期間
○ 平成27年7月22日(水)〜23日(木)
やまなしプラザ(山梨県防災新館1F)及び
ゆめソーラー館やまなし(米倉山太陽光発電所場内)

2 内   容
○ ※詳細はホームページをご参照ください。
http://www.pref.yamanashi.jp/kg-denki/

3 参加申込み
○ 事前参加申請が必要となります。
山梨県企業局電気課ホームページに、参加登録のためのサイトのリンクがありますのでご確認ください。
○ 参加申込みを受付中です。各講演・シンポジウムは定員になり次第受付を終了しますが、ゆめソーラー館やまなし会場は随時参加が可能です。

こちらのリリースもどうぞ

カテゴリー: エネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。