【観光用途】太陽電池なのにソーラーパネルが露出しない唯一の構造。コードレスLED標識・サイン「デザインソーラーパネル」新発売。


エコフューチャー株式会社(本社:大阪市淀川区)は、観光客への情報提供の手段として、太陽電池内蔵のLEDコードレス標識・サイン「デザインソーラーパネル」を開発し、2016年1月12日(火)より受注を開始します。

本製品は、?太陽電池を搭載しているもののソーラーパネルが露出しない、?コードレス仕様で容易に光る標識・サインを設置できる、?バッテリーには市販の充電式単三蓄電池を使用して維持費用を削減できる、という3つの特徴で観光客への情報提供機能の向上と都市景観の維持に貢献します。

■開発ストーリー
標識・サインに求められる役割が増大しています。2015年度における訪日観光客数は1,900万人にも達する見込みである一方、目的地までの経路や交通機関の利用方法について十分な情報提供がなされていません。具体的には、歩行による観光客を対象とした案内標識が少ないこと、夜間の視認性が低いこと、多国語表記に対応していないことなどが課題として挙げられます。

夜間にも見える多国語表記された標識の設置が求められますが、既存製品では実現が困難でした。外部電源を使用する照明器具を設置すると、電気工事や配線工事が必要となりコスト高になりがちなためです。また、道路標識で用いられる再帰反射標識は別の光源がなければ光らず、ビル内の避難サインとして活用される蓄光標識は時間の経過とともに輝度が減少してしまいます。

さらに、普及が進んでいる太陽電池搭載のLEDライトの場合、雨風や鳥類の糞尿・積雪が太陽電池を覆い発電効率が低下してしまう、太陽電池の黒くて機械的なデザインが周囲の景観と調和しない恐れがあります。

都市の文化や景観にマッチしながらも夜間の視認性を確保できる標識・サインを当社の技術で実現し、日本の観光立国化の後押しをしたい。このような思いから、ソーラーパネルを標識・サイン内部に搭載することで、太陽電池の長所である「自己発電能力」と弱点であった「デザイン性」を両立させることに成功したのが、太陽電池内蔵のコードレスLED標識・サインである「デザインソーラーパネル」です。

■基本機能
デザインソーラーパネルとは、標識・サインに内蔵された太陽電池が日中の太陽光で発電し、発電した電力を内蔵の充電式単三蓄電池に蓄電し、その電力で夜間にLED照明を点灯させる、太陽電池内蔵のコードレスLED内照型標識・サインです。

■製品構造
LED標識・サインに太陽電池を内蔵した唯一の構造を採用しています。当社が特許および実用新案を取得したオリジナル構造です。

■デザインソーラーパネル 3つの特徴
? 太陽電池が製品外部に露出しないデザインなので、情緒ある都市景観を破壊しません
従来製品では製品外部に設置されていた太陽電池を、本製品では標識・サインの内部に収納しました。その結果、太陽電池の黒色で機械質な外観が周囲の景観を損なう心配がありません。

? コードレス仕様でどこにでも簡単に設置可能
太陽電池が標識・サインに内蔵されているため、LEDを点灯させるための外部電源は不要です。配電設備のない場所でも、電気工事・配線工事なしで光る標識・サインを設置可能です。もちろん、日々の電気代も不要です。

? 市販の充電式単三蓄電池を採用して維持コストを削減
太陽電池製品を導入するにあたっての課題として、定期的なバッテリー交換があります。本製品では、市販の充電式単三蓄電池をバッテリーに採用することで、容易かつ安価に維持管理を実施できます。

■使用用途
1 観光客向けの観光案内マップとして
2 観光客向けの誘導標識・サインとして
3 観光客向けの公共交通機関や駐車場を示す標識・サインとして

■製品仕様
・本体サイズ:?360W × 360H × 37D (mm) ? 352W × 607H × 37D (mm) ?420W × 1000H × 37D (mm)
・本体重量:?約2.8kg ?約4.5kg ?約9.0kg
・バッテリー:充電式ニッケル水素蓄電池
・無日照対応期間:5日まで(フル充電後、1日12時間標準輝度でLEDを点灯させる場合)
・防雨対策:IPX5相当
・LED点灯:明暗センサーによる自動点灯(日没検出)
・LED消灯:タイマー設定による自動消灯(3~15時間/日、任意設定、インバーター付き)
・コントローラー:LED輝度調節機能、明暗センサー感度調節機能、過充電・過放電防止機能

■今後の展開
・初年度の出荷目標:1,000台
・本製品の特徴を活用できる公共サインや屋外看板、各種表示板といった分野にも順次展開予定

■製品詳細URL
▼弊社トップページ
http://www.ecofuture.co.jp/
▼デザインソーラーパネルとは
http://www.ecofuture.co.jp/dsp/dsp.html

■お問い合わせ先
担当 : 佐々木大輔
住所 : 〒532-0011大阪市淀川区西中島7-1-26オリエンタル新大阪ビル
TEL : 06-6304-8077 / FAX : 050-3737-4651 / URL: www.ecofuture.co.jp

■エコフューチャー株式会社について
私たちは「光とエネルギーで未来を作る」というコンセプトのもと、自然エネルギーや省エネ技術を用いた製品の企画・製造・販売を通じ、持続可能性の高い社会の創造に貢献して参ります。

代表者:代表取締役 一色誠司
資本金:10,500,000円
本社:〒532-0011大阪市淀川区西中島7丁目1番26号オリエンタル新大阪ビル
事業内容:カラーデザインソーラーパネルの開発・製造・販売 / デザインソーラーパネルの開発・製造・販売 / クリーンエネルギー機器の開発・製造・販売 / LED関連製品の開発・製造・販売 / 各種製品の輸出入及び販売

こちらのリリースもどうぞ

カテゴリー: エネルギー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。