ウェアラブルカメラ、ヘッドマウントディスプレイ、新用途開発で市場急拡大! 


報道関係者各位

お世話になっております。
AQU先端テクノロジー総研と申します。
ニュースリリースをお送りしますので、よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━━━━━
ウェアラブルカメラ、ヘッドマウントディスプレイ、新用途開発で市場急拡大!
臨場感コンテンツ、アプリ開発に期待高まる、教育、コミュニケーションなどに可能性
AQU先端テクノロジー調査
━━━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━━━━━

http://www.aqu.com/new-hmd/
http://www.aqu.com/aqu-news/20……-10-23.pdf ニュースリリース
http://www.aqu.com/new-hmd/sample-1.pdf 内容サンプル
http://www.aqu.com/   ……     AQU メインページ

先端技術市場の調査会社、AQU先端テクノロジー総研は、このたび、調査報告書 『臨場感HMD、新ウェアラブル機器の需要動向と市場予測に関する調査 −VR、AR、MRデバイスの新潮流と期待されるアプリ用途開発−』 を発刊しました。

これまでとは異なる格段の臨場感を持つHMD(ヘッドマウントディスプレイ)、VR(バーチャルリアリティ)が注目されています。Oculus Riftなどの最新型VRデバイスは、ゲームだけでなく、教育、コミュニケーションなど、さまざまな用途が今後開発可能であり、大きなアプリ開発のチャンスがあります。臨場感HMDの市場は市場の裾野が広く、スマートフォンを使った簡易型のHMDが数多く登場してきており、今後は、360度全方向のパノラマ動画などを簡単に見ることができ、実写映像を取り込んだコンテンツ開発に可能性が広がっています。

ウェアラブル・アクションカメラは、ユーザーの目線と同じ視点から撮影した動画や写真を追体験できますが、360度広視野角のような要素を取り入れながら、発展してゆく可能性があり、臨場感HMDとの連携が注目されます。

HMD市場は、このように、アプリ開発だけでなく、他のウェアラブル機器との連携により拡大、2015年〜2016年にブレイク、世界市場では1,000万台を突破して成長拡大してゆくものと予測されます。またVRデバイス(Oculus Riftなど)、ARデバイス(Google Glassなど)また、MRデバイス(MREALなど)は、それぞれにおいて、市場発展が見込まれています。

なお、ウェアラブルの機器開発は、単なる経済への貢献だけでなく、人類の医療福祉、QOL(生活の質)の向上といった側面を担おうとしています。たとえばALS(筋萎縮性側索硬化症)の人々のQOL(生活の質)の向上に役立つ、ウェアラブルシステムの開発、あるいは、高齢化社会に光明を感じさせる、アルツハイマー、認知症の治療用ウェアラブルデバイスなどの開発が進んでいます。ウェアラブルデバイスは脳ICTとの連携に、大きな可能性が出てきました。

当調査報告書は、ウェアラブル・アクションカメラ、HMD市場に挑む、 先進的企業の関係者、とくに、事業開発、社長室、企画開発室、研究所、ベンチャー企業等において有益な内容となっています。

━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━━━━
『臨場感HMD、新ウェアラブル機器の需要動向と市場予測に関する調査
−VR、AR、MRデバイスの新潮流と期待されるアプリ用途開発−』
http://www.aqu.com/new-hmd/
◆レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 280頁
ISBN 978-4-904660-26-3
2014年10月刊
━━━━━━━━━━━……‥・・・ ・ ・ ・ ・・‥…━━━━━━━━━

※お問い合わせ連絡先
******************************************************************
株式会社AQU先端テクノロジー総研
http://www.aqu.com/
〒260-0027千葉市中央区新田町36-15
千葉テックビル6F
TEL 043-204-1258
FAX 043-204-1316
子安、那須
info@aqu.com
******************************************************************

こちらのリリースもどうぞ

カテゴリー: IT・情報通信   パーマリンク

コメントは受け付けていません。