「相続川柳 〜川柳で綴るエンディングノート」年間大賞発表


 相続サポートセンター東京(すばる会計事務所:東京)と、名古屋 愛知 相続遺言相談センター(司法書士法人ファミリア:名古屋)は、業界初の共同開催により平成25年5月1日から「相続川柳」を募集いたしました。1年間の応募総数は1,570句で、「相続」や「エンディングノート」への関心の高さを改めて実感いたしました。

【年間大賞決定】
・年間選者賞(1句)
・ファミリア・すばる賞(1句)
・年間優秀賞(10句)
の計12句が決定いたしました。

【企画概要】
 今回は初の試みとして、句に作者のコメントを付けていただくという、川柳業界においては邪道ともいえる取り組みではありましたが、コメントがあることで句に込められた作者の想いを、残された家族に正確に伝える「エンディングノート」としての役割を果たせるのではないかと考えました。

 まだまだ敬遠している人が多い「相続」について、少しブラックな句、じーんとする句、共感できる句など前向きに作句されているのが印象的でした。

【発表は下記サイトにて】
「ファミリア 川柳」で検索
http://e-souzoku.bz/senryu/nenkan/

【今後の展開】
 「家族にメッセージを残してみようかな」と思われた方が、手軽に作成できるよう、自分だけの「川柳で綴るエンディングノート」の【無料ダウンロード】をご用意いたしました。

 夫婦や家族で「相続」のことを知ってもらい、考えるきっかけにしていただければ幸いです。

こちらのリリースもどうぞ

カテゴリー: 法律   パーマリンク

コメントは受け付けていません。